スポンサーリンク

ダウ理論を利用したエントリーで勝てる?精度の高いエントリー

前回の記事で
ダウ理論だのグランビルの法則だのサポートラインだのレジスタンスラインだの
なんかそのような話をしたと思いますが、

とりあえずダウ理論について書いておこうと思います。

ダウ理論とはなんぞや!?

スポンサーリンク

 

ダウ理論

黄色い枠の所はzigzagの高値と安値が切り下がっていますよね?

ダウ理論でショートトレンド発生を知らせてくれています

 

白い枠の所はzigzagの高値と安値が切り上がっていますよね?

ダウ理論でロングトレンド発生を知らせてくれています

 

それがダウ理論の見方です。

理論にうるさい方は
「そんな説明じゃダウ理論とは言えない!」
とか言うのかもしれませんが、

 

FXでダウ理論を使用するなら

ローソク足が切り上がったらロング
ローソク足が切り下がったらショート

とだけ覚えておけば十分♪

 

ところで、
「切り上がった」「切り下がった」
ってどういう状態の事なのかわかりますか?

私は理解するのに数年かかりました(;´∀`)

 

「よくわかんね」とか言って勉強しませんでしたからね。

 

「切り上がる」「切り下がる」という言葉に対して説明してくれる人もいませんでしたし(´ε`;)

 

「切り上がる」「切り下がる」というのは、

切り上がっているとは

みたいな感じです。

高値安値が同時に切り上がっているのがロング(傾向)

高値安値が同時に切り下がっているのがショート(傾向)

の状態。

 

じゃあロングでもショートでもない状態ってどんなときでしょう?

それは

トレンドが出ていない

のように、
一方向に向いて切り上がっても切り下がってもいないときです。

 

この画像だと高値は切り上がっているのに、
安値は切り下がっていますもんね。

これがいわゆる「方向感がない」という状態です。

 

実際には、
高値が切り上がっていて、
2個目の黄色丸では下ヒゲが伸びているので
「これは明らかにロングトレンドだろ!」
って言う人もいるかもしれませんが、

トレンドの見方もラインの引き方も人それぞれ♪

こればかりは自分の好みのポイントを見つけ出すしかありません。

 

私は面倒くさがりですし、
FXスキャルパーフェクトシグナルのテンプレートも気に入っているので
そのままzigzagを利用してトレンドとサポレジラインを見極めていますけどね♪

 

インジケーターを利用すると、
エントリーポイントや決済ポイントでぶれる事が少ないので楽ですよ(*≧m≦*)

 

ダウ理論を知っていると知らないとでは
エントリー回数や精度にも差が出てきます。

 

面倒でなければしっかり身に付けましょうね♪


FXスキャルパーフェクトシグナル

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク