スポンサーリンク

ダウ理論だけでトレードしたらどうなるか?調べてみた。

最近、ダウ理論が気に入っているので
今回もダウ理論の記事を書きますヾ(´▽`;)ゝ

前回の記事までに
「ダウ理論は勝てる」
みたいな記事を書きましたが、本当に勝てるんでしょうか?

 

ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

 

調べる条件は

ドル円、ユーロ円、ユーロドルの5分足
2015年8月11日の15時~午前3時

利確損切り条件は
FXスキャルパーフェクトシグナルとドラゴンストラテジーFXを利用した
私なりの決済方法。

 

まずはドル円

ドル円

2番目と3番目の丸ではレンジ相場で損切りになりましたが、
4番目丸で大きく取れる相場でした。

恋すきゃFXの手法がバッチリハマる相場でしたね♪

 

次にユーロ円

ユロ円

日中から3回も大きく取れる相場です♪

 

4番目の丸は
前回までのダウ理論を利用したトレード方法とは異なります。
(しかも勝率が低いです(;´∀`))

が、
トレンドを大きく取れる事も少なくないエントリーポイントです。

 

勝率が低いのでもうこのパターンはヤメようかな~
と思ってはいるんですが、

DragonMeterに絡んだときはちょっといい感じだったりするんですよね~(;´∀`)

 

そしてユーロドル

ユロドル

どのチャンスでも、それなりに大きく取れている相場です。

最後の丸は上部で説明した【勝率は高くない】エントリーポイントでしたが、
しっかり利確出来ています。

 

はい、ここまでで
ダウ理論だけ利用した取引をして

8勝3敗+133pips(くらい)

それなりに相場が動いていたからというのもありますが、
しっかり利益を確保出来ています♪

 

レンジ中もダウ理論的な動きは何度も出てくるわけじゃないし、
チャレンジする価値は全然ありますね(*≧m≦*)

 

ダウ理論だけでも勝率が高いのに、
これにグランビルの法則サポレジラインを絡めれば勝率が更に高くなるのは間違いないよね♪

ダウ理論ばんざい(≧ο≦)人(≧V≦)ノ

 

 

解説用に使用した画像の
テンプレートはFXスキャルパーフェクトシグナル
TimeZonesというインジケーターを追加したものです(*´∀`*)/


FXスキャルパーフェクトシグナル

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク