スポンサーリンク

知って損はない、ダウ理論を使って簡単に勝つ方法!

先日、ダウ理論についてお話しましたが、

「ダウ理論を利用して、勝てるのか?

と思いませんか?

 

もちろん勝てるでしょうけど♪

スポンサーリンク

 

ダウ理論を無視した場合、
人によっては以下のような取引をするかもしれません。

結果が出ないロングエントリー

直近でダウ理論不成立時にロングエントリーですね。

 

もちろん、ここから爆上げして大きな利益を取れる事もあります。

しかし!

ダウ理論不成立ということは
「ロングトレンドじゃない可能性も出てきた」
ということですよね?

 

ロングトレンドじゃない可能性がある相場で
ロングエントリーしてしまっては勝てる確率が低いのは当然です。

 

もちろん、
資金が多めにある状態で資金管理をしっかりしているのなら
エントリーしてみても悪くはありません♪

 

ですが、
資金が少ない状態のときに
ロングトレンドじゃないかもしれないときにロングエントリーしてしまっては
資金を溶かすスピードが早まるのは間違いないですよねヽ(;´Д`)ノ

 

FXスキャルパーフェクトシグナルドラゴンストラテジーFXのルールなら損切りしていた相場です。

 

 

じゃあダウ理論を利用してどんなタイミングでエントリーしたら良いのか?
って思いませんか?

 

簡単です♪
確実にダウを形成した!と判断したときにエントリーしたら良いのです!

ドル円でショートダウ形成確定

わかりますか?

 

ダウ理論でショートトレンドが形成された時点で
ショートエントリーしたときの例です。

 

「FXのトレンドは継続しやすいらしい」ので、
ショートトレンドの初動を捉えられる確率が高いですよね?

実際、この画像でトレードした場合は利益になっています。

 

もちろん、ダウ理論を用いてエントリーして失敗する例もあります。

ドル円でショートダウ形成確定で失敗

この画像の場合、ショートトレンドが発生した可能性があるので
ショートエントリーをするわけですが、

FXスキャルパーフェクトシグナルの決済ルールなら損切りになってしまいます。

ドラゴンストラテジーFXのルールなら1~2pipsくらいのプラスでしょうか。

 

私の場合は
ドラゴンストラテジーFXFXスキャルパーフェクトシグナルのルールを組み合わせて使用していますが、
損切りですねヾ(´▽`;)ゝ

 

損切りと言っても大きな額の損切りにはなりませんし、
このままトレンドを捉えて大きな利益になる可能性もあるので、

ダウ理論を取り入れる価値は絶大ではないでしょうか?

 

ダウ理論を制する者は相場を制する・・・のかもしれない!!

 

ところで、
上部で「ダウの形成が確定」とか言いましたが、
私が何をどう見て「確定」なのかどうかを見極めているかわかるでしょうか?

はい、
zigzagです。

MT4のインジケーターですね。

実際にはzigzagを利用しなくても良いんですが、
これを使うと凄く相場の動きがわかりやすいんです。
(面倒を省けるんです)

zigzagのパラメーターはFXスキャルパーフェクトシグナルの物を気に入って利用しています。

通常のパラメーターでは使いずらいのでオススメですよ♪


FXスキャルパーフェクトシグナル

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク