スポンサーリンク

ボリンジャーバンドフィボナッチを決済やエントリーに利用する!!

ボリンジャーバンドを利用している人って結構多いと思います。

どんな教材でも書籍でも絶対に紹介されているような
めっちゃメジャーなインジケーターですもんね。

 

今回は普通のボリンジャーバンドじゃなく、
ボリンジャーバンド・フィボナッチの活用方法についてのお話です。

スポンサーリンク

ボリンジャーバンド・フィボナッチの入手方法

ボリンジャーバンド・フィボナッチといえば、
フィボナッチの数値を利用したボリンジャーバンドですけど、

どこから入手したら良いのでしょうか?

ちゃんと調べれば、どこかで手に入るかもしれません。

 

私はデイトレンドFXから手に入れましたけどね(*´∀`*)/

 

普通のボリバンとボリバンフィボナッチの違い

ボリバンフィボナッチと通常のボリバンでは見た目がかなり違います。

ボリンジャーバンドフィボナッチの方はボリンジャーバンドというよりは
ケルトナーチャネルにかなり近い形に見えます。

ボリバンフィボナッチ(ボリンジャーバンドフィボナッチ)
デイトレンドFXのボリンジャーバンドフィボナッチ

ボリンジャーバンド
ボリンジャーバンド(σ2)

ね?

ボリンジャーバンド(σ2)と
ボリンジャーバンドフィボナッチ(σ1)も似ていますね。
上記のMT4はFXトレード・フィナンシャルのものを利用しています。

ボリンジャーバンド・フィボナッチの活用方法

ボリンジャーバンド・フィボナッチをインストールしたら活用しなければ!

せっかくのインジケーターを活用しない手はありません。

 

例えば、

  • 反発確認後(陰線から陽線に変化したのが確定、または
    陽線から陰線に変化したのが確定)にエントリー

とか

  • ボリンジャーバンドフィボナッチにタッチしたら決済

とかでしょうかね。

 

ボリンジャーバンドフィボナッチだけを利用するのも良いですが、ボリンジャーバンドの幅(ボラリティー)を確認しながらの取引をしてみた方が利益率がよくなるかもしれません。

ただ、【反発後のエントリー】に関してはトレンドの方向を確認するにフィルターをかけるか、
損切りポイントの徹底をしないと大きく損をする事もあるので注意しましょうね!!

反発ポイントとしてはボリバンよりも遥かに精度が高いので
興味があったら利用してみてください(・∀・)!!

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク