スポンサーリンク

4TFStochBars インジケーターの使い方・見方・手法

MetaTrader4には何年も前からネットで紹介されているインジケーターがたくさんあります。
まだまだ使えるのに埋もれていてはもったいないですよねヽ(´Д`;)ノ

その中でも、
無料で手に入れる事が出来る
MT4のインジケーターの紹介をしたいと思います(*´∀`*)♪

今回は
4TFStochBars!!

4つの時間足のストキャスティクスの状態を1画面に表示させるインジケーターですね。

スポンサーリンク

4つのタイムフレーム(MTF)の状態を表示

4TFStochBarsは4つのタイムフレームの状態が表示されます。

 

例えば1分足のチャートを開けば
1M・5M・15M・M30の4つが表示され、

1分足の4TFStochBars

5分足のチャートを開けば
5M・15M・30M・1Hが表示されます。

5分足の4TFStochBars

じゃあ月足を表示させたらどうなるのかな?と思ったら、

1月足の4TFStochBars

MNしか表示されませんでした( ̄▽ ̄;)

 

ストキャスティクスを表示させてみよう

試しに普通のストキャスティクスを同時に表示させてみましょう!!

ストキャスティクスと同時に表示させてパラメーターが違う4TFStochBars

1番上のバーの色の転換点と、ストキャスティクスのクロスした部分が同じ・・・と思いきや!
ちょっとズレていますね?

 

ストキャスティクスのデフォルト設定では

%K  5
%D  3
Slow 3

ですが、

 

4TFStochBarsでは

%K  14
%D  3
Slow 3

になっています。

 

ストキャスティクスの数値も同じものに変えると、

ストキャスティクスと同時に表示させてパラメーターをあわせた4TFStochBars

ストキャスティクスの交差部分と4TFStochBarsの色の転換点が同じになっていますねヽ(*´∀`)ノ

 

4TFStochBarsの活用方法

このインジケーターをどのように活用したら良いのか?

 

例えば5分足で表示させた場合の手法として、

  • 5分足を表示
  • 上位足3本の色が同じ
  • 上位足と5Mの色が変わった次の足(色の変化が確定した足)で上位足方向にエントリー
  • 5Mの色が反転した次の足(反転が確定した足)で決済
  • 損切りポイントは直近高値安値から10pips移動した所
  • 最大損切り量は20pips
  • 5Mが反転してもマイナス収支状態なら保持する。

という方法が使えるのではないでしょうか?

 

上記の手法を画像入りで解説

5分足を表示

5分足の4TFStochBarsの手法

上位足15M・30M・1Hが同じ色

5分足の4TFStochBarsの手法上位足

5Mが上位足と同じになった次の足(確定足)でエントリー(画像黄色ライン)

5分足の4TFStochBarsの手法エントリーポイント

損切り注文直近高値安値-10pips地点に入れる

5分足の4TFStochBarsの手法エントリーポイント直近底値の損切りポイント

直近高値安値-10pips地点が損失20pipsを超えていたら-20pips地点に逆指値注文

5分足の4TFStochBarsの手法エントリーポイント直近底値の損切りポイント最大20pips

5Mが反転した次の足(反転が確定した足)で決済(画像赤ライン)

5分足の4TFStochBarsの手法決済ポイント

5Mが反転してもマイナス収支ならポジションを保持したまま

5分足の4TFStochBarsの手法決済ポイントでもポジション保持

 

これが絶対とうわけじゃありませんし、この方法が有効かどうかはご自身で判断してくださいね。

何かのヒントになればなによりです♪

4TFStochBarsダウンロード方法

4TFStochBarsのダウンロードは

↓↓↓こちらから
4TFStochBars

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク