スポンサーリンク

FXで勝つために★トレンド方向をチェックする理由

FXで勝つための方法紹介第1回!!

今回のテーマは「トレンド方向をチェックする理由」についてですヽ(*´∀`)ノ

スポンサーリンク

為替相場の値動きの癖

FXで取引をする時には値動きの癖を掴む必要があります。

 

為替相場の場合
世界情勢を組んだ動きをするだけあって、
一方向に動き続ける癖がありますよね?

 

1国で大きな発表があれば世界中の投資家さんが
その大きな発表の方に考え方を目を向けます。

 

それだけでなく、
大きな値動きがあるときには
世界中の多く投資家さん達が注文していた逆指値や指値、もしくはロスカットに刺さる事が多々あるようで、
世界中の人達が同じ方向に同時に注文する事にもなります。

 

なので1方向に動き続けるという癖が成り立つんですね♪

 

トレンド方向を確認する理由

為替の癖として1方向に動きやすいという話をしましたが、
その方向の事をトレンドと言います。

 

1方向に動く癖があるのなら、
その癖がついた方向(トレンド)が上なのか下なのか横ばいなのかを確認出来れば、その方向にのみエントリー(注文)する事で稼げるわけですよね?

 

となると、その癖の方向(トレンド)を確認する作業が先決です!!

これがトレンド方向を確認する理由ですヽ(・∀・)ノ

 

トレンド方向を確認する為のインジケーター

FXでテクニカル分析をする場合、
ダウ理論や酒田五法などを利用してトレンド方向を確認する人がいます。

 

けど、
ダウ理論はともかく、酒田五法などは結構な勉強が必要になるんですよね(´ε`;)

 

そんな時に役立つのがインジケーターです。

メジャーな所ですと、

移動平均線(MA)
平均足(HeikenAshi)
MACD
ストキャスティクス(Stochastic)
RSI

などでトレンド方向を察知する事が出来ます。

 

オシレーター系のインジケーターである
ストキャスティクスやRSIではトレンド方向を知ることが出来無い!
と考える人も少なくないようですが、

ストキャスティクスやRSIはトレンド方向だけでなく、
トレンドの強さまで察知出来るので万能感がありますよ(*´ω`*)
(万能じゃないけど(;^ω^))

 

トレンド方向を見るオススメインジケーター

トレンド方向をチェックするためにオススメのインジケーターは・・・

上位足の平均足
上位足のストキャスティクス
移動平均線
平均足Smoothed

でしょうか。

 

普通に平均足を利用しても(ダウ理論や酒田五法などを駆使しない限り)大きなトレンド方向はわからないので、
インジケーターに頼るのなら上位足に平均足を表示させる事でトレンド方向が察知できますねヽ(*´∀`)ノ

 

私の場合、1分足で取引するときには1時間足と15分足を見ながらエントリーするようにしています。

それでも騙しがあります。
トレンド方向の認知だけで更に騙しをなくそうと思ったらエントリーチャンスも減りますからね(;´Д`)

トレンドの方向を完璧に捉える!!などと思わずに、ほどほどのレベルで察知できれば良いと思います。

 

他にも、

5分足に移動平均線(MA)を表示させるだけの人もいるでしょうし、
日足・4時間足・1時間足にストキャスティクスを表示して5分足のトレンド方向を確認する人もいるでしょう。

 

完全にインジケーターの好みや相性の問題ですね(;^ω^)

 

ダウ理論によるトレンド方向の確認

ダウ理論や酒田五法について詳しく勉強しようと思ったら結構大変かもしれませんが、

 

ダウ理論の場合は、

ダウ理論は何となくこんな感じで覚えれば良いんじゃない?

何となくこれがトレンド発生なんだな☆彡

って感覚が掴めれば、
インジケーターは必要ないかもしれませんね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク