スポンサーリンク

トレード判断に便利なインジケーターHeikenAshiZoneTrade 手法と欠点

平均足を利用してトレードする方は結構多いのではないでしょうか?

トレード判断をする上で平均足はとても便利ですからね♪

 

ダウ理論の動きを見抜く際も、ただローソク足を見るだけよりも平均足を見た方がわかりやすいです。
平均足を上位足に表示させる事で大雑把にではありますがトレンド判断ができます。

 

けど、
下位足で平均足を基準にトレードすると
手法によっては損切り貧乏になりかねません(´ε`;)

そんな事にならないように少しだけお手伝いしてくれるインジケーターが
HeikenAshiZoneTradeです。

知っていますか?

スポンサーリンク

MT4で使えるインジケーターHeikenAshiZoneTrade

HeikenAshiZoneTradeこちらでダウンロードする事ができます。

チャート上のHeikenAshiZoneTrade

 

HeikenAshiZoneTradeの使い方

HeikenAshiZoneTradeの事は知っている。
けどどう使っていいのかわからない。

という人もいると思います。

 

とうことで、私なりに考えた方法をいくつか紹介してみたいと思います。

 

HeikenAshiZoneTradeをレンジ相場で使う

レンジ相場ではエントリーから決済までの間があまりありません。

レンジ相場ですからボラティリティもトレンド相場時よりも狭いのは当然です。

 

という事は
反発察知を早めにしなければ利益は少なくなりますし、
リスクリワードも悪くなるばかりですよね。

 

そんな時に使えるのがHeikenAshiZoneTradeです。

 

以下の画像は上位足ではショートトレンドでした。
左がHeikenAshiZoneTrade・右が平均足です。

zonetradeと平均足の比較

ショートトレンド中のレンジ相場なのでボリンジャーバンドσ+2にタッチ後、MAにタッチする前に反発した事が分かったらショートエントリーとします。
決済はσ-2にタッチしたときですね。

損切りはエントリーした直近高値から数pips上の地点です。

 

HeikenAshiZoneTrade反発条件は青色じゃなくなったとき
平均足反発条件は白色じゃなくなったとき

HeikenAshiZonetradeと平均足の比較_エントリーと決済

一目でわかると思いますが、
黄色丸がエントリーした所で、緑丸が決済した所です。
水色の線が損切りになった所ですね(´・ω・`)/

HeikenAshiZoneTradeは 1勝0敗
平均足は 1勝1敗

 

HeikenAshiZoneTradeでトレードした方は1度のエントリーしか出来ませんが、
エントリーするのが早いので利益が多くなり、
2度目の負けトレードを回避する事ができています。

平均足でトレードした方は利益が殆どありません。

 

HeikenAshiZoneTradeをトレンド相場で使う

トレンド相場のポイントは
利を伸ばせるかどうか?
にあると思います。

 

トレンド相場ですから、
狙うのは値が反発したときではなくトレンド方向に値が動いた時ですよね。

トレンド相場の場合は反発を狙って損切りになるよりも、
トレンドに乗った事が確認できてからエントリーした方がリスクが少ないですから(`・∀・´)/

 

トレードルールは
トレンド方向と平均足の色が同じになったとき。
決済or損切りルールはトレンド方向と平均足の色が変わったとき。
MAがトレンドと逆を向いたらエントリーしない。

という条件でトレードするとします。

 

以下の画像の時はショートトレンドでした。

HeikenAshiZonetradeと平均足の比較_エントリーと決済トレンド相場編

HeikenAshiZoneTradeは 2勝1敗
平均足は 3勝3敗

 

この場合、
トレンド相場ですから平均足でトレードしていたとしても利益は少し残りそうですが、
HeikenAshiZoneTradeで取引していれば殆どが利益になりますよね(°д°)/

 

ここで紹介した事は絶対ではないです。

ここで紹介した事が絶対ではありません。

HeikenAshiZoneTradeは誰が作ったインジケーターなのかも知りませんし、
私はインジケーターのプログラムを理解していないのでロジックを探る事もできません。

 

もちろん損切りになる事もあります。

 

けど、
これだけ平均足との差を見せ付けられると平均足よりもHeikenAshiZoneTradeを愛用したくなりますし、
実際に愛用しています(*´∀`*)

 

まだ試した事がない方は一度試してはどうでしょうか?

 

上位足での○○では使えませんでした゚(゚´Д`゚)゚

こんなに使えるインジケーターなら、
上位足に表示させてトレンド判断にも利用しようじゃないか!!

と思いましたヽ(*´∀`)ノ

 

という事で1時間足や15分足などに表示させてみると・・・

がっぽり頂けそうなトレンド相場で平均足の色が灰色になってレンジ判断をしてしまうんですヽ(´Д`;)ノ

 

トレンド相場がレンジ相場として判断されてしまいますヽ(´Д`;)ノ

 

多分ですが、
HeikenAshiZoneTradeは察知能力が高い為に
ショートトレンド相場だとしても少しでも疑いがあれば
「ショートトレンドじゃないかも?」
という判断をしてしまうのでしょう・・・

それでは美味しく頂けるはずのトレンド相場でトレードする事ができません。

 

やっぱりトレンドやレンジというものは

これ!というはっきりした判断をするよりも
何とな~くぼんや~りと判断したほうが都合がいいんでしょうね(;^ω^)

 

上位足にはHeikenAshiZoneTradeを標準させるより平均足がオススメですよ♪

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク