スポンサーリンク

FXで勝つために★戻り売りを狙う理由

FXで勝つための方法紹介第5回!!

今回のテーマは「戻り売りを狙う理由」について
ヽ(*´∀`)ノ

前回の「押し目買いを狙う理由」とほぼ同じ内容ですので
復習のつもりでお付き合い下さい( ´∀` )

スポンサーリンク

戻り売りって知っていますか?

戻り売りって知っていますか?

英語で言うと

Sell ​​return?
Selling on technical recovery?
Selling on temporary recovery?
Selling on rally?
Sell the rally?

わからん!!
けど、Selling on rallyで解説している人が多いようだ(`・ω・´)/

 

つまり戻り売りとは、
下降トレンド中にたまたま上がった所をチェックして、
また下がり始めた所を狙う方法
です。

 

なぜ戻り売りを狙うのかな?

なぜ戻り売りを狙うのか??

以前、下降トレンド中にはショートエントリー(売り注文)だけするように心がけるというお話をしました。

下降トレンド中なんですから、ショートエントリー(売り注文)をするのは当たり前ですよね?

 

けど相場は、
大きく下降した後は大なり小なり必ず上昇します。

上昇した後はどうなるのかわかりません(´ε`;)

 

大きく上昇するのか?
ちょっと上昇したらまた大きく下落するのか?
ちょっと上昇したあとは小さく上下を繰り返すのか?

誰にもわかりません( ̄▽ ̄;)

 

けど下降トレンド中は売り注文の勢いが強いことは間違いないですよね?

 

ならその下降トレンドの勢いがまだ廃れていない事が確認できたらショートエントリーをしようじゃないか(゚Д゚ )/!!
と思うわけです。これが戻り売りですよね?

 

いくら下降トレンド中だったとしても、
勢いが確認できていないのにショートエントリー(売り注文)をしていてはいくら資金があっても足りません(´ε`;)

下げ止まりかもしれませんから((((;゚Д゚))))

 

(手法や資金管理方法にもよりますが)
できれば再び勢いに乗りそうなときにエントリーした方が効率が良いのは当たり前でしょ?

 

戻り売りのタイミングっていつ?

なぜ戻り売りを狙うのかはわかったかもしれませんけど、
戻り売りのタイミングはいつなのかわかりませんよね?

 

ご自身のお気に入りのインジケーターなどで上位足のトレンド方向が確認できたら、
ご自身がお気に入りの時間足でエントリーチャンスを探すと思うんですが、

 

戻り売りのチャンスのポイント

  1. 下降トレンドである!
  2. 下降トレンド中に上昇した!
  3. 上昇したと思ったら下がってきた!

この条件が揃ったときです。

 

という事は

下降トレンドが確認出来るインジケーター
上昇した事が確認出来るインジケーター
上昇したと思ったら下降しはじめた事が確認出来るインジケーター

があればタイミングを掴みやすいのではないでしょうか?

 

戻り売りを狙う為のインジケーター

戻り売りを狙う為のインジケーターはいくつかあります。

有名な所で言うと

移動平均線(MA)
平均足(HeikenAshi)
ストキャスティクス(Stochastic)
RSI

などが活用次第で使えます。

 

MAが下向きに角度をつけたときにローソク足がMAを上抜けが確定し、その後MAが横や上を向く前にローソク足下抜けが確定した時が戻り売りのチャンスだったり、

MAを利用して戻り売りを狙う

平均足なら上位足が下降トレンドである事が確認出来た状態で
平均足の色が上昇色に代わり、その後下降色になったときが戻り売りのチャンスです。

平均足を利用して戻り売りを狙う

ストキャスティクスは買われ過ぎ売られ過ぎが判断出来るインジケーターですから、
下降トレンド中に買われ過ぎて反転した時が戻り売りのチャンスですよね♪

ストキャスティクスを利用して戻り売りを狙う

 

もちろんこれらの方法だけでは負ける事は多々あるので色々な考え方を持たないといけませんけどね♪

 

戻り売りを狙う為のオススメインジケーター

戻り売りを狙うときのオススメインジケーターはオシレーター系です。

オシレーター系のインジケーターは逆張りに使われそうですが、
戻り売りにうってつけですよね(*´∀`*)

 

上記しましたが中でもストキャスティクスは戻り売りに向いているインジケーターではないでしょうか?

 

RSIも1時間足や15分足でトレンド方向を見て、5分足のRSIが65%を上抜ける前に45%を下抜けしたら戻り売りのチャンスとして見れます。

RSIを利用して戻り売りを狙う

 

今一押しのインジケーターは
RD-Comboですね。

HeikenAshiZoneTradeとの組み合わせがオススメなんですが、
1時間足や15分足でトレンドを見極めて、
1分足で反発を細かく取っていくのが良さそうです。

HeikenAshiZoneTradeとRD-COMBOを利用して戻り売りを狙う


RD-Combo

HeikenAshiZoneTrade


本当は

CycleIdentifierも好きなんですが


CycleIdentifier


CycleIdentifierはリペイントが激しく、
検証に不向きなんですよね(´Д`;)

 

内容的には
RD-ComboCycleIdentifierも殆ど変わらないですし、

CycleIdentifierの方が稼げるチャンスを多く手にする事が出来そうですが、
慣れるまではRD-Comboの方が確実かもしれませんヽ(´▽`)/

 

フラクタル系のインジケーターなどもオススメです。

 

戻り売りはテクニカルあってこそ?

ファンダメンタルズ系の手法での戻り売りはなかなか難しいです(´ε`;)

ネットニュースやテレビのニュースを見た後に売り優勢だと思ってショートエントリーしても
大きく上昇する事が少なくありません。

 

私もニュースを鵜呑みにして痛い目を見た事が何度かあります(´ε`;)

 

そんな時はテクニカル駆使すると良いかもしれません♪

売り優勢だとわかっているのなら
インジケーターを利用して、
上昇後の戻り売りを待ったほうが懸命でしょうね。

 

「戻り売り」を頭の片隅に置けば反対に動く事は少なくなる!

ここまで戻り売りについてお話ししましたが、

下降トレンド時は、
常に戻り売りする事だけを考えておけば
値がエントリーした方向の反対に動くことは少なくなります。

コツは戻り売りのポイントを見極める事です(`・∀・´)/

 

IF-OCO注文などを使ってトレンドに飛び乗る方法もありますが、
かなりの知識やタイミングが必要になります。

後々そのような手法を視野に入れていたとしても、
まずは押し目買い・戻り売りで地道に狙いましょう♪

向き不向きがありますが、
負けることが少なくなれば気持ちがブレる事も少なくなります。

 

押し目買い・戻り売りを考慮したインジケーターを発見しました

押し目買いや戻り売りを考慮したインジケーターを公表している方を発見しましたヽ(*´∀`)ノ

オガさんです。

いつもメルマガで作成したインジケーターなどを紹介してくださるかたなんですが、
彼のインジケーターは面白い&使えますね♪

平均足のトレンド継続サインツールはさすが!!と思えました。

ここで勝手に紹介させていただきましたが、
使えるものは使わせていただきましょう(´▽`)

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク