スポンサーリンク

1分スキャルに最適な移動平均線の数値や設定、手法は?

普段の時間を多めに取れない。
FXに使う時間は短時間だけにしたい。

 

そう考えているときに気になる手法といえば1分足スキャルピングですよね?

 

1分足スキャルピングにも複数の手法がありますが、
その中でも今日は移動平均線(MA)を使った手法について書いてみようと思います。

スポンサーリンク

必ず覚えておかなければ勝てない知識

インジケーターを使った手法を行っている人全般に言えることですが、
インジケーターを使った手法を行う為には必ず覚えておかなければならない知識があります。

 

それは・・・

絶対に勝てるパラメーターなんて無い

という事。

 

相場の動きの瞬間瞬間によっては勝てているように見えるパラメーターは必ず存在しますが、
相場に常にマッチし続けるパラメーターは絶対にありません。

 

簡単にパラメーターを変更出来る
移動平均線・ストキャスティクス・RSIなどを使う人に多い行動だと思いますが
ある程度トレード方法を覚えると最適なパラメーターを探したくなりはじめます。

 

今現在使っている手法より更にいい手法はないか?
良い手法はなくてもいいから、勝率は高くならないか?
勝率は高くなくていいから、利益率を良くする事は出来ないか?

 

もちろん、
より良いトレードを求めるのは悪くないですが( ̄▽ ̄;)
現在自分自身が知っている手法を吟味もせず、パラメーターの変更だけで更に良い環境を作ろうとしてしまうんですよね。

 

ハッキリ言いますが、
万能な手法があったとしても、
万能なパラメーターなんて絶対にありません!!

 

万能なパラメーターがない理由

投資というものはどんなものでもそうですが、

  • 取引する人
  • 取引するシステム
  • 取引する場所
  • 取引する相手
  • 取引する物
  • 取引する理由

など取引する人それぞれで、条件は統一されていません。

 

投資するのは人間ですから全ての人間が全員同じ条件で取引するのは不可能です(・∀・)/

 

取引する条件が違うんですから為替相場が安定して動くわけないですよね?

 

勝ち負けを積み上げて、結果的に勝てるような方法はいくらでもありますが、
移動平均線(MA)完璧なパラメーターは絶対に見つかる事はありませんから注意しましょう(゜ロ゜)!!

 

それでも最適な移動平均線のパラメーターを利用したい

完璧なパラメーターはない

という事を理解した上でトレードに最も適したパラメーターを知りたい方もいると思います。

 

もちろん世界中には色々なパラメーターで取引している人がいるでしょうから、
世界一多く使われているパラメーターもあると思われます。

 

その数値はおそらく・・・

期間 20
種別 Simple
価格 Close

ではないでしょうか?

 

デフォルトだからという理由ですが(´ε`;)

 

1分足スキャル 移動平均線編

移動平均線の最適なパラメーターを探すよりも、
デフォルト値で最適なトレードをした方が手っ取り早いですよね♪

 

ということでちょっとした移動平均線を利用した簡単な1分足スキャルを紹介したいと思います。

  • 移動平均線が下を向いている
  • 値が移動平均線を上に抜けた
  • 移動平均線が横や上を向く前に再び下に抜けてきた所でショートエントリー
  • 陽線が確定したら決済(利益があってもなくても)

ショートエントリー

ロングエントリーはこれの上下逆。

 

ただのグランビルの法則を使った手法ですが、
移動平均線を基準にして値動きを見る事で勝率が高くなります♪

 

移動平均線の1分足スキャル応用編

ショートエントリー回数が減る

移動平均線(MA)を3本引くんですが、
3本中2本の標準移動の数値を変えてみます。

期間 20
種別 Simple
価格 Close
標準移動 -2

期間 20
種別 Simple
価格 Close
標準移動 0

期間 20
種別 Simple
価格 Close
標準移動 2

の3本を表示させただけで、ルール的にはただのグランビルの法則です。

勝率は高くなって、チャンスが減りる方法です。

 

まだまだある1分足手法

今回はちょっとした手法移動平均線の最適なパラメーターについてお話しましたが、
手法はまだまだ無限にあります。

5分足で取引するとしても1分足の向きを基準にするだけで勝率や利益率が上がりますから、
色々考えてみてみましょうねヽ(*´∀`)ノ

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク