スポンサーリンク

幻想的トレードチャンスはチャンスではない!

FXトレードをしていると、

「チャンスを逃した~!!( ; ゚Д゚)」
「チャンスだから取引しなきゃ~!!( ; ゚Д゚)」

などと思う事は少なくないと思います。

 

けどそれは冷静に考えた結果の“チャンス”でしょうか?

スポンサーリンク

トレードチャンスの種類

FXをしていると、トレードチャンスを逃す事は少なくありません。

 

けどチャンスにはいくつかの種類があることに気づいていますか?

  1. 分析の結果、トレードするべきチャンス
  2. トレードするタイミングを逃した過去のチャンス
  3. 未来に対する根拠のない希望的チャンス
  4. 過去に対する根拠のないチャンス
  5. 「トレードをしなければいけない」と思ってしまう脅迫概念的なチャンス

などなど色々ありますが

 

あなたがトレーダーなら、狙わなきゃいけないのは

分析の結果、トレードするべきチャンス

だけです。

 

トレードチャンスを逃さない方法

FXトレードでチャンスを逃さない方法を考えた事はあるでしょうか?

 

トレードチャンスを逃さない為にはしなければいけないことは沢山ありますが、
トレーダーとしてやるべきこと・・・

それは
絶対に負けない方法を探す事ではありません(`・ω・´)/

 

幻想的なチャンスに惑わされず、
分析を徹底した上でトレードする事です!!

 

幻想的なチャンスに惑わされ続ける事に納得しているのであれば
それはだたのギャンブラーです(´-ω-`)

 

お金に糸目をつけず、ギャンブルがしたいならそれでも良いのでしょうが、

まともにFXを投資として見ることが出来るなら
幻想をぬぐい去ってしまいましょうヽ(*´∀`)ノ

 

トレードチャンスを逃さない為にはしなければいけないこと

トレードチャンスを逃さない為には行動しなければならない事がいくつかあります。

 

それが↓これ

自分自身が信じる事の出来る分析方法を熟知する
幻想的なチャンスに惑わされない
時間の管理を徹底的に行う
体調管理を徹底的に行う

 

一見関係ないように感じるものもあるかもしれませんが、
「時間の管理」や「体調の管理」は超重要ですヽ(;´Д`)ノ

 

 

まず「時間の管理」ですが、

今からお風呂にはいる。
今からトイレにこもる。
今からちょっと外出する。

な~んてときに、根拠のないチャンスを逃すことを恐れてエントリーしてしまったらどうでしょう?

エントリーと同時に利確と損切りの注文をしてしまうような手法であれば損失も限定的でしょうし、
EAでの取引であれば、そもそもチャートや情報を監視する必要がありません。

 

そうでない場合・・・

ちょっとチャートの前から席を外した瞬間に予想外の嫌な動きをしていたらショックですよね?

予想外の嫌な動きを体験した事で
「すぐに取り戻そう!!」
と無謀な行動を取りかねませんヽ(;´Д`)ノ
FXトレードチャンスを逃してドツボにはまる

 

その為、

少しでもチャートの前から席を外す時間が分かっているのならば直前にはエントリーしない。
チャートから席を外さなくても大丈夫な時間を確保してからトレードする。

という時間管理が必要になります。

 

 

そして「体調管理」ですが、

トレード中に急に気分が悪くなった
トレード中に急にトイレに駆け込みたくなった
トレード中に急に眠くなった

なんて事があったらどうでしょうか?

 

分析する判断能力が落ちるのはもちろん、
損切り注文を入れ忘れたときなどは最悪な結果も待っていますヽ(;´Д`)ノ

 

そんな事が無いために

しっかりと睡眠をとる
トレード前にトイレに行っておく
食事の管理もしっかりとしておく

くらいの体調管理はしておきましょう。

 

FXで大きなチャンスをつかむ方法

実はFXだけに限ったことではありませんが、
投資には必ず大きなチャンスをつかめる方法が存在します。

 

それは・・・・

徹底した分析投資をひたすら続ける事

これだけです!!

 

「もしかして今トレードすれば大きく稼げるのでは?」
「もしかしてさっき大きなチャンスがあったから、またすぐにチャンスがになるかも?」
「昨日は大きく稼げたから今日は大きく稼げるはず」

など、根拠のないトレードを続ける限り成功はありません。

 

コツコツと頑張っていると必ず大きなチャンスも同時につかめますし、

コツコツと頑張れない人は大きなチャンスを掴んでも結果を残すことができません。

 

どんな投資にも言える事なので、参考にしてみてください(´∀`*)/

 

ちなみにここで紹介している失敗談は私自身も経験していますし、友人や知人も投資を行なった人は大体が経験している事です。

せっかくこのページを開いてくれたのですから「自分だけは大丈夫」なんて思わず、
成功の近道を歩んでくださいね(`・∀・´)

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク