スポンサーリンク

SS_channel_chart_alertを使った簡単手法!!

前回の記事ではSS_channel_chart_alertについてお話しました。

SS_channel_chart_alertとMA抜けの関係がわかった所で、
今回はSS_channel_chart_alertを使った手法について考えてみましょう♪

 

ということで今回は私なりに考えたSS_channel_chart_alert手法についてです↓

スポンサーリンク

表示させるインジケーター

この手法で表示させるインジケーターは

  • 平均足
  • SS_cannel_chart_alert

の2種類のみです。

 

表示させる時間足

この手法で表示させる時間足は

  • 1時間
  • 30分
  • 15分
  • 5分
  • 1分

の5つのチャートです。

 

SS_channel_chart_alertのパラメーター

この手法で使うSS_channel_chart_alertのLbのパラメーターは以下の通りです。

  • 1時間足 : 1
  • 30分足  : 3
  • 15分足  : 7
  • 5分足  : 21
  • 1分足  : 21

5分足と1分足は同じですね!

 

上位(1時間~5分)足でトレンドを見る

1時間・30分足・15分足・5分足にSS_channel_chart_alert平均足を表示させ、SS_channel_chart_alertもセットしました。

 

今度はそれらの時間足全て(1分足以外)でトレンドを確認します。

平均足との方向が違う場合はエントリーしない

エントリー・決済タイミングは1分足で!ロング(買い)エントリー

1時間・30分・15分・5分足の方向が全て上昇傾向ならロングエントリーチャンスです!!

エントリーポイントは2つ

◆緑ラインより下で足が確定後、SS_channel_chart_alertがデッドクロスする前に陽泉1本目が緑ラインより上で確定したらロングエン(買い)エントリー

陰線後陽線1本目が緑線より上確定でロング◆SS_channel_chart_alertがゴールデンクロスでロングエントリー

SS_channel_chart_alertがゴールデンクロスでロングエントリー

エントリー・決済タイミングは1分足で!ショート(売り)エントリー

1時間・30分・15分・5分足の方向が全て下降傾向ならショートエントリーチャンスです!!

エントリーポイントは2つ

◆緑ラインより上で足が確定後、SS_channel_chart_alertがゴールデンクロスする前に陰泉1本目が緑ラインより下で確定したらショート(売り)エントリー

陽線後陰線1本目が緑線より下確定でショート◆SS_channel_chart_alertがデッドクロスでショートエントリー

SS_channel_chart_alertがデッドクロスでショートエントリー

損切り注文は、直近高値安値!

ロングエントリー時の損切りポイントは直近高値よりも数pips上に損切り注文。
ショートエントリー時の損切りポイントは直近安値よりも数pips下に損切り注文。

平均足手法その1ショートエントリー時の損切り↑ショートエントリー時の損切り例

この手法の欠点

表示させるチャートの数が多いので、取引できる通貨ペアは1画面につき1通貨ペアのみです。なので1画面で複数の通貨ペアの値動きをチェックしながら取引したい人には向いていません。

1分足でエントリー&決済を行うので、取引時はPCのチャートに張り付いて見ている必要があります。

もちろんトレンドフォロー型の手法なのでレンジ相場には弱いです
ヽ(´Д`;)ノ

 

この手法の利点

この手法に使うインジケーターはSS_channel_chart_alertを使うので、Eメールの受信ができます。エントリー&決済のタイミングを計るチャートが1分足なので、ある程度はPC張り付き作業が必要になりますが、Eメールやアラートでトレンド方向が確認できてからエントリーすれば良いので、時間の余裕は作りやすいですね♪

トレンドフォロー型の手法ですが、レンジ相場で1時間~5分足の条件が合うことが少ないので騙しが少なく済みます。

 

この手法の注意点

平均足を使った簡単手法その1でもお話しましたが、トレンドフォロー系の手法でのユーロ円取引はオススメしません。(よほど綺麗なトレンドが出ることがわかりきっているのなら別ですが・・・)

それと、この手法の注意点というよりは、全ての手法の注意点ですが、資金管理が上手に出来ないと勝てません。当然連敗もありますから、手法に依存するのはやめましょう!!

 

 

あなたのFX取引のヒントになれば幸いですヽ(*´∀`)ノ

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク