スポンサーリンク

FXで勝つために★レンジ系手法で負ける理由

FXで勝つための方法紹介第10回!!

今回のテーマは「レンジ系の手法で負ける理由」についてですヽ(*´∀`)ノ

スポンサーリンク

レンジ系手法で負ける理由

レンジ系の手法で負ける理由は

  • 大きなトレンドに逆らっている
  • 損切りを徹底していない

のどちらかです。

 

よほど悪い手法を利用しているのならトレードロジックから見直す必要がありますが、
ある程度しっかりしたトレードロジックであれば、この2つを徹底する事で大きく負ける事はなくなります。

 

大きなトレンドに逆らっている

レンジ系の手法の殆どは
ボリンジャーバンドやストキャスティクスのような
売られ過ぎ買われ過ぎが確認できるインジケーターを利用した逆張りエントリーをする事が多いと思いますが

 

下位足の売られ過ぎ買われ過ぎで反発した程度では
損切りになる可能性が高いですヽ(´Д`;)ノ

ボリバン反発でエントリーしても負ける↑画像のようなロングエントリー後に値下がりして、
ショートエントリー後に値上がりする事はよくあることですよね?
「なんで売ったら上がって、買ったら下がるんだ?」
なんて話しをする人がたくさんいます。

ヤフー知恵袋などで「FX 逆行」と検索してみてください。エントリー方向と逆に動くから勝てない!という書き込みをしている人がたくさんいます。

 

そんな人達は上位足に逆らっている可能性があるので、

上位足を確認してエントリーすると・・・

ボリバン反発で上位足ショートトレンド中にショートエントリーボリバンタッチ後反発確認で決済これならショートトレンド中にロングエントリーしなくなるので勝率が高くなりますねヽ(*´∀`)ノ

 

もちろんショートトレンド中にショートエントリーしたからと言って勝率100%になる事はないので最低限の注意は必要ですよ!

 

 レンジ手法で損切りをしないのは危険!!

絶対に損切りをにしない!・・・となると、損失が膨らんだ時に対処に困ります。

損切りしないと損失額が膨らむばかりまさかのトレンド方向の変化に対処出来ず、損失額が膨らむばかりですヽ(´Д`;)ノ

 

取引量(LOT数)によっては資金が半分以下になってしまうことだってあります。

そんな恐ろしい事に巻き込まれる前に
小さな傷で逃げ出した方が断然お得ですよ!!

 

資金管理しないとどうなる?

資金管理が出来ていないトレードをすると資金が大きく減る可能性があります。

 

単純な話ですが、
10万通貨で取引していた場合、

損切り幅が20pipsなら20000円の損失です。

損切り幅が30pipsなら30000円の損失です。

損切り幅が40pipsなら40000円の損失です。

 

損切り幅はエントリー直前にはわかっているはずなので、
エントリー時にエントリーLot数をコントロールする事が出来ていれば
損失額を増やさないで済みますよね?

 

どうしても利益額を増やしたいのなら勝率が高い時のみ取引量(Lot数)を増やしましょう。

エントリー回数を増やしたいのならLot数の調整を行いましょう。

 

自分の取引条件に合わせることが重要ですねヽ(*´∀`)ノ

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク