スポンサーリンク

勢いと値幅が同時にチェックできるインジケーターTII

以前にもTIIについての記事を書いたことがありますが、

「勢い」
「値幅(がある可能性)」

のチェックにも使えるよね。というお話ですヽ(*´∀`)ノ

スポンサーリンク

TII(Trend Intensity Index)はこんなインジケーター

TII(Trend Intensity Index)は上下に張り付くタイプのインジケーターで、
ラインが張り付いているのが見た目でわかるから、トレンドの方向の判断がしやすいです。

デフォルトのTII

デフォルトではTIIperiodが5になっています。

 

TIIperiodの数値を変えてみよう!

TIIの数値を変えてみるとかなりイメージが変わります。

TIIの数値が1

TIIの数値を1にした

TIIの数値が2

TII数値を2にした

TIIの数値が3

TII数値を3にした

TIIの数値が4

TIIの数値を4にした

TIIの数値が10

TII数値を10にした

だいぶイメージが変わりました(°д°)/

 

数値が1だと動きが極端なので2~4の設定が良いと思いますが、

1分足でエントリータイミングを計るときのオススメは
1分足:3
5分足:2
15分足:2
です。

 

TIIでトレンドの勢いを見る

移動平均線も見やすい点が、ラインの傾きです。

移動平均線はFX初心者の場合、ラインの傾き判断に迷う事がありますよね。

 

TIIはラインが上を向いている、下を向いているという判断がメチャクチャしやすいです。

デフォルトのTII

トレンドの方向だけじゃなく、

ラインが上に張り付いていたら上昇の勢いがある。
ラインが下に張り付いていたら下降の勢いがある。

のような判断もできます。

 

値幅の判断?

FXでは、これ以上上がらないって所では買いエントリーをしたくありませんし、
これ以上下がらないって所で売りエントリーをしたくありません。

ライントレードならレジスタンスラインに近ければ買いエントリーしたくありませんし、
サポートラインに近ければ売りエントリーしたくありません。

ボリンジャーバンドならσ±2にタッチしていたらエントリーしたくないですし、
バンドウォーク中ならσ±1にタッチしたら順張りエントリーしたくありません。

 

・・・って判断は色々ですが、

 

とにかく利益が出そうなときだけエントリーしたいですよね。

 

TIIならどんなときが値幅の期待ができるのか?

5分足のTIIが上に張り付いているときに、1分足で下に張り付いてから上昇したら買いエントリー。
5分足のTIIが下に張り付いているときに、1分足で上に張り付いてから下降したら売りエントリー。

という方法をとれば、

「トレンドの勢い」
「1分足のTIIがトレンド方向に張り付くまでの値幅」

が期待できると思います。

TIIが下に張り付いている

1分足のエントリーチャンス

 

 他のインジケーターじゃできない?

TIIと同じような判断はストキャスティクスRSIでもできます。

できるけど見づらいよね┐(´д`)┌

というお話でした。結局は好みの問題なんですけどね!

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク