スポンサーリンク

ラインを引くだけでトレードできます!その5 ラインを利用して順張りエントリー

ラインを引くだけでトレードできます!その5 ラインを利用して順張りエントリー

「ラインを引くだけでトレードできます!その4」では、

サポートラインやレジスタンスラインをどう利用したら逆張りエントリーに使用できるか?を簡単に解説してみました。

 

逆張りを説明したら次は順張りでしょ!
ってことで今回は『サポレジラインを順張りで使う方法』の例ヽ(*´∀`)ノ!!

 

スポンサーリンク

サポレジラインを順張りで使う場合は

  • 押し目買い
  • 戻り売り

で利用しましょう。

 

押し目買いの場合は、

  1. レジスタンスラインを上に抜けた
  2. 上昇した通貨の値が下降してきた
  3. けどまた上昇トレンドになったからロングエントリー

戻り売りの場合は、

  1. サポートラインを下に抜けた
  2. 下降した通貨の値が上昇してきた
  3. けどまた下降トレンドになったからショートエントリー

 

ロングエントリーを例に解説

ロングエントリーを例に順張りエントリーの方法を解説(*´∀`*)

 

まずレジスタンスラインを上に抜けました。

レジスタンスラインを上に抜けたけどこの瞬間はまだエントリーしない

この時点ではまだエントリーしません。

次に今抜けたラインまで値が近づいてきました。

レジスタンスラインを抜けた後でその後そのラインに近づいてきました

この時点でもまだロングエントリーはしません。
このまま下がっていくかもしれませんからね!

次に、値が上昇してきました。

レジスタンスラインにサポートされた(サポートラインで反発した)のでロングエントリー

ここでロングエントリーです。

 

  1. レジスタンスラインを上に抜けた
  2. レジスタンスラインがサポートラインに変わった
  3. サポートラインに変わったレジスタンスラインに反発して上昇した
  4. ロング(買い)エントリー

です。

 

これがレジスタンスラインを使った押し目買いです。

 

勝率100%はありえない

ショートエントリーの場合はサポートラインを利用して、ロングエントリーとは上下逆に応用しましょう。

「サポートラインを使った戻り売り」ですね。

 

前回と今回で
逆張りのエントリー方法
順張りのエントリー方法
の2つを簡単に解説しました。

 

簡単に解説しすぎてしまったので、わかりづらいかもしれませんし、
これだけの解説で十分理解した!って人もいるかもしれません。

 

けど、勝率100%はありえませんヽ(*´∀`)ノ

利益が出る時と損失になるときが必ずあります(;´Д`)↓

 

そうならない為にはどんな対処法があるのか?

少しでも騙しを減らしてエントリーする方法
損失を最低限に減らす方法

についても私なりの考え方をシェアしますので、
『ラインを引くだけでトレードできます!その6 』以降もお付き合いください( ≧∀≦)ノ

 

相変わらず私なりに考えたラインの引き方はしっかりと機能しています。

まだダウンロードしていないのならダウンロードしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク