GMMAとストキャスティクスを使った5分足手法 39~87pips?

GMMAとストキャスティクスを使った5分足手法
  • GMMAは判断が難しい。
  • 結局は資金管理次第だからGMMAは使える。

みたいな話を前回までしたつもりでしたが、

せっかくなので今回はGMMAを使った具体的な手法を考えてみました。

 

もちろん試す試さないは自己責任で!

何度も言いますが私自身はGMMAは見るのがとても面倒だと思っているので使っていません(*`・ω・)ゞ

ストキャスティクスとの組み合わせ

これはGMMAが全て同じ方向を向いているときのみの方法です。

 

前回話した『レンジ相場』では絶対にエントリーいたしません。

しかも同じ時間足でもエントリーいたしません。

1分足でのスキャルピングもいたしません。

 

ってドクターX風に「いたしません」を並べてみましたが(*´∀`*)

 

1分足では利益が出づらいのと、

長期足でトレンド方向を確認した方がチャンスがあるってだけの話!

 

なので

1時間足のGMMAでトレンドを見極めて、

5分足のストキャスティクスでエントリーと決済をします。

 

GMMAを使ったロング(買い)エントリー方法

例えば1時間足のGMMAが全て上を向いていたとき、

 

ストキャスティクスが50以下でゴールデンクロスが確定したらロング(買い)エントリー。

損切り注文は直近でストキャスティクスが切り上がった(V字になった)時点でのローソク足の最低値の5pips下あたり。
10pips以上の利益が出たら逆指注文で1pipsの利確。

ストキャスティクスが80の上に抜けたのが確定した後、さらに80の下に抜けてきたら利益が出ている事を確認して決済。

 

↑この画像だと87pipsくらいプラス収支になっていました。

 

いや~うまいこといったもんだ♪

 

GMMAを使ったショート(売り)エントリー方法

ショートエントリーはロングエントリーとは逆で、

1時間足のGMMAが全て下を向いていた時がエントリーチャンス!

ストキャスティクスが50よりも上でデッドクロスが確定したらショート(売り)エントリー。

 

損切り注文は直近でストキャスティクスが切り下がった(山になった)時点でのローソク足の最高値の5pips上あたり。
10pips以上の利益が出たら逆指注文で1pipsの利確。

ストキャスティクスが20の下に抜けたのが確定した後、さらに20の上に抜けてきたら利益が出ている事を確認して決済。

 

↑この画像だと39pipsくらいプラス収支になっていました。

 

この手法が有効かどうかはあなたの判断次第!

私はこの手法で利益を出す自信はありますが、あなたが同じように結果を出せるとは限りませんからこの手法を試すかどうかは自己責任ですよ~ヽ(*´∀`)ノ

この場合はいい結果になりましたが、今後も100%同じ結果になるとは限らないのでしっかりと検証しましょう。

 

コメントを残す

*