GMMAの真実はどうかわかりませんがMT4では簡単に設定できるし、スキャルピングでも使えるんじゃないか?

GMMAの横ばいはレンジってなに?超不明確で意味がわからないんですけど

GMMAのようにラインを見るだけで裁量判断する事は私個人的にはとても苦手です。
どうせなら明確なサインが欲しいし…(´-ω-`)

 

じゃあGMMAは使い物にならないのか?といえばそうでもないとは思います。

GMMAはMT4であれば簡単にインストールして設定できるインジケーターです。

 

そのインジケーターってどうなのか?
GMMAについて気になる人が絶えないようなのでちょっとお話します。

スポンサーリンク

そもそも明確な判断ができないインジケーターを信じるべきではない

ライントレードにせよMAを利用したトレードにせよ、明確な判断ができないインジケーターを判断材料にするべきではありません。

 

なので私自身はラインを引くときにですら明確なルールを決めてラインを引きますし、

エントリーするときや決済するときにですら明確なサインがなければトレードしません。

 

 

なぜなら!

トレードに失敗したときに明確なルールがなければ『反省』する事はできませんし、

成功したときでも今後のトレードに活かすことができないからです。

 

何より投資は資金管理さえ失敗しなければ誰でも成功できるようになっています。

 

世の中の殆どの人間は「資金管理をしっかりとできる」ようにはなっていない(大なり小なりだらしない部分がある)ので投資で成功する人が少ないだけです。

そもそも本能を押し殺して『資金管理を徹底する』という行動は自分が本当に納得した上でなければ無理でしょう。

人間は基本的にエゴの塊ですから。それはどんな賢者であっても、人格者であっても同じ事。

 

じゃあ自分を納得させる方法ってなにか?と言ったら「明確な判断材料を揃えた上で分析する」しかありませんよね。

100%感覚に頼った裁量判断トレードで納得するなんて無理な話です。

 

で、それがGMMAと何が関係するのか?というと・・・

 

明確でない裁量判断をオススメする教材が多すぎる!

GMMAに限った事ではありません(MAやRSIを使ったものでも同じ事が言えます)が、

 

  • パーフェクトオーダーであればトレンド方向にエントリーする。
  • 横ばいであればレンジ相場と判断する。

 

・・・これってちょっとおかしいと思いませんか?

GMMAのラインが全て同じ方向を向くパーフェクトオーダーは明確なサインですから納得できますが、

 

「横ばいであればレンジ相場」ってどういうこと!?

これって誰だれでも判断出来る事じゃありませんよね?

 

・・・誰にでも判断出来る事じゃない、相場を見ている時に感じることだから裁量なんだ!

というのなら自信満々に他者にレクチャーすべきことではないですし・・・

 

 

じゃあGMMAでレンジ相場まで明確な判断ができるのか?

スキャルピングにも使えるのか?

 

長くなったのでそれはまた次回♪

スポンサーリンク

コメントを残す

*

スポンサーリンク